子供の身長が低いといじめの心配もある。いじめに合わないために。

いじめはいつの時代でも無くならないものです。
私達の子供時代と今の子供では全く環境も異なっているはずなのに、それでもいじめはなくなりません。

いじめのターゲットとなるのは人とは何かと違うというところ。
身長が低いということもいじめの対象と十分なりえるのです。

身長が低いと弱く見られてしまう

身長の高さはそのまま人の強さとしても見られてしまうところがあります。
大人であればそんなことはなかったりするというのもありますが、それでも背が高い方が威圧感があると感じる場合もありますよね。

子供であれば、やはり体格の良い子が強い、身長の低い子は弱く見られるということはありえます。子供は純粋ですので、弱い子に対してからかいがはじまり、それがいじめに繋がっていくということも考えられるのです。

自分より強い子をいじめるということはありえません。
身長が高いから強いとは限らず、身長は高いけど、ひょろひょろとしているという人もいますので、絶対的な話ではありません。

ただ、やはり学校の体育等でも身長が低いほど不利になるスポーツも多いですし、体力的にも身長が低い方が損をしやすいです。

いろいろな面で不利に見られ、それがいじめの対象にという心配は出てきてしまいます。

コミュニケーション能力が高ければ問題はありません

見た目が弱そうな感じであっても、コミュニケーション能力が特別高ければ、いじめの対象にはならずリーダー的な位置にいるという場合もあります。

どんな学校であっても、まわりを引っ張るような子供は人気となっていきますし、友達関係も上手くいったりするものです。活発な子供に育ってくれれば何も問題はありませんが、なかなかそう上手くいかないというのも子育てです。

必ずしも活発な子供でなくても、まわりに良い友達に恵まれてすくすくと育っていくということもあるでしょう。

ただ、学校の場合は友達は選ぶことはできません。
どんな人が来ても、活発な子供であればいいですが、なかなか難しいこともあるでしょう。

子供は無邪気にコンプレックスを指摘する

子供は人に対して遠慮をするという考えがないことが多いです。
太っているとか、背が小さいとか、人の悩みとなることを平気で指摘したりしますし、それがいじめにつながることもあるわけです。

身長が低いということもコンプレックスの要因の一つであり、これを指摘されることで自分に自信がもてない子供に育ってしまうという可能性もあります。

いろいろなことを経験して、自分に自信をつけながら育っていく子供と、コンプレックスを深く持ってしまい、引きこもりになりがちで育っていく子供。ここまでの大きな差ではなくても、なんとなくコンプレックスを抱えて生きていくというだけでも、やはりあまり良い影響は与えないのではないでしょうか。

普通が正解ではないですが、子供には正論は難しい

世の中では普通であれば、目立ちませんしいじめにも合いにくいというわけですが、全員が普通であるわけがありませんし、いろいろな個性があって当然のことになります。

見た目だってバラバラで、身長が高い人もいれば、低い人もいる、太っている人もいれば痩せている人もいる、頭のいい人もいれば悪い人もいる、運動ができる人もいればできない人もいるというようなことは当たり前の事実としてあります。

いろいろな状態を認め合わなければ集団としては成り立たないわけです。これが正論だと思いますが、子供にとっては正論は成り立ちにくいですし、大人が何かを導くというのは先生でもない限り難しいことになってしまいます。

やはり身長は普通以上の方がいい

身長の話に戻りますが、身長については、やはりある程度高いにこしたことはない、少なくとも普通以上には合った方がいいというのが基本的な考えです。

子供の身長が低くて得するようなことはありません(特殊なスポーツをしている等を除く)。いじめの問題になったり、コンプレックスになったり、そういった余計な状態を避けるというのもいいですし、将来の成長のためにも普通以上の身長になるように育てるというのはメリットが大きいはずです。

そうはいっても、身長は自由に決められるものではなく遺伝の影響等もあります。でも今では睡眠をきちんととったり栄養を管理することで伸びやすい状態になるというような答えも出ています。

子供には身長でいじめにあったり、不利なことがないように、親としてはできるだけ協力をしてあけたいですよね。

こちらの記事では身長を伸ばすサプリメントについても紹介しています。
サプリを飲んだから絶対に伸びるということはありませんが、成長サポートの一つの方法として考えてみるのもいいのかなと思います。

身長を伸ばすサプリメントのおすすめランキングは?本当に効果はあるの?