スカイ・クロラの喫煙シーンが話題になっていたようです

このブログドメインはかつてスカイ・クロラの映画の紹介に使われていたものらしいです。

どんなところから言及されているのかということで調べてみると、なんと日本禁煙学会からこの映画について喫煙シーンが多すぎる、子供に見える人(キルドレ)の喫煙シーンが多いということで苦情が出ていることがわかりました。

映画の中のシーン、しかも実写で俳優にタバコを吸わせているならばまだしも、アニメキャラクターに吸わせているというのも指摘されてしまうようなことになるんですね。

この問題、どう思いますか?

あくまでもアニメ上の演出でしかないということ

ここで出てくる喫煙シーンに関してはあくまでもアニメの世界であって、決して日本の喫煙状況を見せるようなものでもなければ、子供の喫煙を推奨するようなものではありません。

タバコによって本来のスカイクロラの世界感を見せようとしているだけです。特にこの物語の主となるキルドレに関しては大人になれない子供というようなもので、実態は大人なんですよね。

違法性があるような演出ではないので、若干この指摘に関しては過剰な感じになっているのかなとは思います。

アニメであるからこそ、映画であるからこその演出というのは当然あるはず、認められているはずで、決して描かれる世界は正義、社会的に認められた内容であるとは限らず、暴力シーンや性的シーンや違法シーンが描かれることだってあるはずです。

なんでも喫煙シーンイコールNGというのはやりすぎだとは思います。

私自身は禁煙推奨派です


この記事を書いている私自身は禁煙推奨派です。
むしろタバコ嫌いの方の考えになります。ここで喫煙者だと、また喫煙者が自分の権利を守ろうとこんな記事を書いていると言われると思いますが、私自身は現実世界ではタバコ反対派になります。

今、禁煙の流れがようやく日本でも広がってきていますが、どんどんこの流れが進んでくれて、飲食店等でも完全分煙や禁煙が進んでくれればと思っているところです。

さすがに、この現代において、もはやメリットがなくなっていますし、利権的な問題が残るだけであって世界標準からも遅れてしまっているということはわかっていますよね。

個人の家で吸うこと自体は権利として残すのも当然認められることになりますが公共の場所というのはNGにしてもらいたいと思っています。

単に嫌いだからというよりも副流煙問題もあり、健康上デメリットが大きすぎるのです。

映画の規制ではなく、他にするべきことがあるのでは?

禁煙推奨派ということを書きましたが、やはり映画の表現規制まではやりすぎと考えてしまうところがあります。

映画のシーンを見て、かっこいいからタバコを始めました。こんなことが起こるのでしょうか?時代背景も違うことがわかっていて、わざわざこの映画がかっこいいからタバコを始めたとなるのでしょうか。

こんなことが理由となるよりは、未成年のタバコ撲滅についての教育や公共での制限を積極的に行うべきだと考えます。

実際のところ20歳になったからタバコを始める人というのはどれくらいいるのでしょうか?大人になったからタバコを吸い始めたではなく、大半は未成年のときから悪い仲間に誘われたり好奇心から吸い始めて、大人になったときには習慣化してしまっていたというものではないでしょうか。

未成年はタスポ等も出てきましたし、お店でも非常に買いにくくなって、本当に吸う人も減ってきたとは思います。ただタバコの害についての教育等についてはまだまだで、もっと本気で取り締まってもいいですし、価格も上げ続けてもいいと思います。

子供が購入するには高すぎてとても手が出るものではなくしてしまえばいいのです。価格を上げれば喫煙者も減少しますし、高いお金を出す人から税収は入りますしでメリットしかありませんよね。

なんでも規制するのではなく、楽しむ余裕を

映画の表現規制と有害なものの取り締まりは別ではないかということを書きました。

極端な話、映画では残虐なシーンもあるものがありますし、社会では認められないような表現があるものがあってもいいと思うのです。

ヤクザ映画がよく日本映画で人気になったりもしますが、それを見て本当にヤクザになる人が増えたり人気になるのでしょうか?

アニメの戦闘シーンなんて少年漫画ではいくらでもありますが、それは暴力シーンとしてだんだんと規制されていくべきものなんでしょうか?

喫煙シーンだってそれと似たようなものだと思うのです。強いていうのであれば気になるようなシーンがあるのであれば事前に注意書きをしたり啓発をしておけばいいという程度のものであるような気がします。

なんでも規制ということになってくると、そのうちエンターテイメントとして楽しめるものがなくなってしまいます。現実世界でその状況を体験できないものを見られるからこそのエンターテイメントという部分もあります。

あくまで映画上のものということでエンターテイメントを楽しむ余裕くらいは欲しいと思いませんか?
取り締まるものとそうでないものもしっかりと考えて、自由な要素も残しておいてほしいと思うのです。