NHK受信料の断り方はどうする?ポイントは何かある?

NHK受信料についてはいろいろな論争があり、断りたいのに断れない、強制的に契約された等の被害も多くなってきています。

 

NHKをぶっ壊す人にもっと頑張ってもらわらなければ・・・なんて思ったりすることもあったり・・・。

 

人によってこの団体に対する意見はさまざまですが、ここではNHK受信料の断り方についてのポイントについて考えてみたいと思います。

テレビがあればNHK受信料の支払い義務があります

今の法律上はテレビを設置すれば放送法によりNHK受信料の支払い義務が発生するという仕組みになっています。

 

その前に民法の契約自由の原則はどうなっているのかというところはあるのですが、先方主張としてはこれが無視されてしまうのです。

 

この放送法には罰則規定はありませんので、現在のところ契約をしなかったからといっても何もペナルティはありません。契約した方が損をするというなんともひどい状態になっています。

 

テレビがあるということが前提となっていますので、テレビがなければもちろん契約をする必要性はありません。テレビはありませんと主張で断ることができます。

 

テレビがあるのに支払いませんというような主張では、最悪裁判となる恐れもありますので注意しましょう。

ワンセグでも受信設備があるとみなされます

NHKの受信に関してはワンセグでも受信することができれば、受信料支払い義務が発生してしまいます。

 

携帯電話のワンセグで本当にみんなテレビを見ているの?あんな小さい画面で?と思うところがありますが、これによる徴収は合法ということです。

 

こうしたワンセグ設備も断るのであればすべて所有しないようにしていきましょう。

ワンセグについても断るのであれば、持っていないということを主張しておきましょう。携帯電話は今のところiPhoneであれば安全ですね。

 

携帯電話に機能がついているのではないですか?と先方から主張されたら持っているのはiPhoneで機能はありません、と通しておきましょう。
(年配の方の場合はスマホは持っていませんでもいいかもしれません)

 

先方に確認する権利はありませんし、当然勝手に住居に侵入したら違法です。退去しない場合も不退去罪で違法行為ですね。

なるべくNHKの訪問員との接触を避けること

NHKの訪問員は本当にいやらしく契約について追及してきます。
こちらがテレビを持っていようと持っていまいとに関わらず、テレビを持っている前提でとにかく契約、契約とお金を要求してくるというイメージです。

 

彼らはNHK正規の職員ではなく、ただの委託先。歩合制で動いている契約形態であるため、とにかく強引でも、契約さえ取れればで攻めてきます。

 

本当にテレビがあってもなくても、わざわざこの人たちを相手にする必要性はありません。

余計なトラブルに巻き込まれないようにするために、この人たちの訪問だとわかればインターホンに出ないようにするのがいいでしょう。

 

カメラ付きであれば、見た目で怪しい人であれば出ることはありません。
若い人、一人暮らしを始めたての人などは、ついついインターホンに出てしまいがちなところもあるかと思いますが、世の中の人はすべていい人であるとは限りません。

 

NHKでなかったとしても、押し売りであったり、勧誘であったり、全く知らない人がアポなしで来ていいことというのは基本的にはありません。

 

明らかに郵便、佐川急便、ヤマト運輸等の場合は、見た目がそのような恰好なのでわかりやすいです。
近所の人なのか、NHKの人なのかは見た目や何かシステム的なものを持っているかで判断するしかありません。

 

下手に出て余計なトラブルを招く可能性があるくらいなら最初から出ない方がいいのです。

うっかり出てその場の雰囲気でNHKと契約するとなかなか解約させてくれないというトラブルにまでなりかねません。

テレビを廃棄すれば解決できます

NHKと契約したけど、解約したい、でもテレビは見ていませんでは解約できない・・・。そんな悩みを持つ方の絶対的な解約方法としては「テレビを廃棄すること」です。

 

テレビがあるからこそNHKとの受信料支払いの義務が発生するのであり、そのテレビが廃棄されたのでしたら、どう考えても支払いの義務自体が消滅し、先方側からも何も対処の使用がないというものになります。

 

本当に解約したいのであれば廃棄してしまいましょう。
その際にただ、部屋からテレビが無くなるのではダメです。

 

本当に廃棄したのか、テレビがどこに行ったのか証明がありません。
テレビを廃棄した際には必ずその証明を残すようにしておきましょう。

 

リサイクル票を求められたリ、もしテレビを譲渡しているのであれば誰に譲渡したかを求められるでしょう。譲渡先でNHKの契約があるかどうかという問題も出てくるかもしれません。

私自身もリサイクル票は証拠として残しています。

NHK側は早くスクランブル放送を実現すべき


このようなNHKの受信料問題をとりあげると、見ているのに払わないのは良くないというような意見が出てきたりします。

 

確かに見ているのに払わないのは微妙なところはあります。

もういっそのこと、スクランブル放送を行って、NHKへの支払いが確認できない人にはNHKを映らなくさせてしまえばいいのです。

 

そうすれば番組を見たい人は絶対にそのお金を支払うことになりますし、わざわざ受信料徴収の人件費を支払う必要性もありません。

 

黙っていても見たい人は支払うことになりますし、そうでない人は見ることはできませんので、お金を支払っていないのにNHKを見ている人はいないということになり万事解決ということになります。

 

昔のアナログ放送ではできませんでしたが、今の地デジ化が完了した今となってはスクランブル放送は技術的に何も問題がないことがわかっています。

 

これを行ってNHKが困るということは、受信料を支払いたくないために本当にテレビを見るのを止めてしまうということです。

 

そのようなことがもし起こるのであれば、そもそもテレビ局として必要のない存在だったということで、それこそ存在意義を見直さなければいけないことになるのではないでしょうか。

時代はネット社会へ


昔であればテレビを持っていないというのは、NHK受信料を支払いたくないための言い訳という側面が強かったと思います。

 

ただ、それはもう昔の話。今はネット社会となり、PCやスマホ、タブレットがあればインターネットに接続して、ネット番組を見ることができるようになりました。

 

テレビを見ないでyoutubeで十分という人も出てきているかと思います。また時事的なものであっても、abemaTVもありますし、ネットで個別契約で専門的な番組も見ることが可能です。

 

テレビを見なければ話題についていけなくて、仕方なくテレビ番組を見なければいけない・・・。そんな時代はとっくに終わったのです。

 

インターネット上で生活に必要な情報はほとんど揃えることができるようになりました。テレビを見るかどうかは人それぞれの趣味の話。

 

NHKとわざわざ契約する必要性はますます薄くなってきているのではないでしょうか。これまで嫌々契約をしていたという方も見直しをしてもいい時期に来ているのではないでしょうか?