年収5000万円の学歴なしと東大卒の800万円を比較して東大卒を選ぶ人がいる

年収5000万円だけ学歴がない人になるのと、東大卒で年収800万円になるのではどちらがいいのか?

 

よくあるネタになるのですが、こんなネタについてまとめサイトで議論されているのを見つけました。

 

この議論を見ていると???と思うものが多かったのです。
ここでは年収と学歴の話について書いてみます。

 

何のために東大を卒業するのか?

この議論の中で気になったのは東大卒の年収800万円を希望するというような人がそれなりの割合で見られたということです。

 

何か学歴コンプレックスを持ってしまっているのか、それとも東大卒に過剰な期待を抱いてしまっているのではと思ってしまいました。

 

またはあまりにも遠い世界の話でありすぎて実感がわかなく上手く判断が出来ていないのでしょうか。

 

もちろん絶対に全社が良いと断言するというわけではありませんし、中には東大卒年収800万円の方がよいという人もいるでしょう。

 

ただ、単純に年収を800万円稼ぐ、それしか稼げないのであれば本当に東大卒になる意味があるのかという話にもなってきます。

 

まだ若くて年収800万円であるだけでこの先大きく伸びる可能性があるというのであればまた話は変わってくるのかもしれません。

 

ですが、将来の保証なんてあるわけではありませんし、あくまで東大卒の方がリストラされにくい、出世する可能性が高い、年収が上がりやすいだけで何かの絶対的なものがあるわけではありません。

お金は稼げないけど世の中を動かす仕事につきたいという人

東大卒の方を選ぶ人の中には「お金はそれほど稼げなく手も世の中を動かす仕事につきたい」という人もいるかと思います。

 

これは一つの良い選択ではあると思います。
大企業の中に入ると、給料は一会社員としてのものになるのでおそろしく高額の給与を受け取るということはできません。

 

その代わり企業のネームバリューを利用してとても大きい仕事をすることができます。

 

官僚等も同じく、天下りの可能性等はありますが、少なくとも現役のときはそこまで異常に給料が高いということはありません。その代わりまさに日本を動かすというような仕事ができるわけです。

 

このような仕事をしていきたい。お金ではなく仕事内容のやりがいを求めるということはもちろんあってよいと思います。

 

お金だけがあったとしても、仕事内容が充実していないとか、人に喜ばれない、やりがいがないというような仕事は嫌だという気持ちもわかります。

 

注意としては組織に属して大きな仕事をするということは、組織としては大きな仕事ができていても必ずしも自分自身が良いポジションで仕事ができるとは限らないという点があることです。

 

上司が大きな仕事を取りしきっていて、自分はただ下っ端として作業をやっているだけかもしれませんよね。

 

だんだんと出世して大きな仕事ができるかも?と思っても本当にできるかどうかはわかりません。
あくまで今回の議論の話にはなりますが東大というだけで社内ポジションが良いとは限らないということになります。

お金が稼げても教養がないと嫌という人

年収5000万円を選ばずに東大卒年収800万円をえらぶ理由としてお金だけを稼いでも教養がないのは嫌という考えもありました。

 

これも一つの考えであり、実際に稼いでいるような人達も必ずしも教養があるとはいえない部分もあります。

 

学力と年収に関しては相関関係にはあるものの、あくまで相関であり、学歴がなくても稼げる仕事というのはたくさんあります。

 

また実際には経営者であれば学歴は不要のものが多く、仕事内容としても従業員にそこまでの学歴学力を求めないものも多くあります。

 

でも、それではNGでやはり教養を得たい。
そういう気持ちもわかります。

 

お金だけがあっても仕方ないし、お金だけが人生ではない。
本当に豊かに生きていきたいのであれば知識、教養というのは大事だということはだんだんと年齢を重ねるほどわかってくるものです。

 

ただ、この場合も、東大卒というブランドが必要であれば後者でいいですが、実際には年収が5000万円もある状態であれば自堕落な生活を送ろうと思えばそれまでですが、自分自身で教養をつけようと思えばいくらでもできますよね。

 

別に大卒でどこの大学を出たかが教養ではありません。
自分自身で専門書を読むこともできますし、資格の勉強をすることもできます。

 

教養がいるような趣味を始めることもできますし、必要であれば社会人大学院等に行くことも可能なのです。

年収5000万円とはどれくらいの凄さなのかを理解する

年収5000万円と東大卒800万円で後者を選ぶ。
この選択をした人には東大卒という言葉のインパクトに惹かれてしまい、年収5000万円というのがどれだけのものなのかを理解できていない人もいるのかなと思われます。

 

給与所得者で見ると年収1000万円以上で日本の4%程度しかいません。
2000万円を超えると1%を切るような状態になります。

 

大企業に就職して頑張っても1000万円というのは誰もが簡単にいける金額ではなく、給料の高い会社に入って30代~40代以降になって始めて手に入れられるものになります。

 

2000万円以上となると通常のサラリーマンの立場では不可能で、役員クラスが特別な契約等の立場になるということになります。

 

年収がもし5000万円もあれば下手な会社の社長よりも上ということになり、お金だけで別に何もないなんてことはありえないでしょう。

 

そこまで稼げるということはその時点で特別な能力の持ち主だということです。

どちらの道を生きていくのかを考える

年収5000万円なのか、それとも東大卒800万円くらいだったらどちらがいいのかということについて書いてきました。

 

私としては圧倒的に前者に魅力を感じるのですが、研究者になりたい、特別な仕事ができればお金には特別な魅力を感じないという人であれば後者を選ぶのかもしれません。

 

これは個人の自由でどちらがいい悪いというものではありません。
もしどちらの立場でもないのに、ただ後者がなんとなく良いように見えているのであればそれは本当に正しいのか、疑ってみた方がいいかもしれません。

 

なんとなく学歴を手に入れればその先がどうにかなったという時代は終わっています。選ぶことは間違いではないですが、どのように生きていくことが自分にとって正しいのかはよく考える必要があるでしょう。