高校生で身長が止まったのに大学生でまた身長が伸び出した?その理由

身長に関するブログ記事をいろいろと見ていると高校生で身長が止まったのにも関わらず大学生になったらまた身長が伸び出した、なんて記事を見つけました。

 

通常は高校生くらいで身長は完成されてそれ以上は伸びにくくなってくるものです。また伸び続ける場合は大学でも伸びるということは十分に考えられますが、一度止まった身長が再び伸びるというのは興味深い話になります。

 

今回はこの件について詳しく見てみることにしました。

身長はどれくらい伸びたのか?

止まっていた身長がどれくらい伸びたのかということを見てみますと
「178cmで止まった身長が180cmになった」
という話でした。

 

ちょっと微妙な伸び具合ではありますね。測り方によって誤差の範囲ともいえなくもないですが、きちんと報告している以上、同じ時間だったり、誤差範囲も少ないとみて、まあ微妙に伸びたということになります。

 

このくらいの伸びであれば大学生で伸びるということは十分考えられます。そもそも身長は絶対に高校生で止まるというものではありません。

 

高校生というのはあくまで年齢上、学年上の区切りであるだけで体の成長には個人差はありますし、25歳くらいまで伸びるというような話もあります。

 

この人の場合、もともとまだ伸びる要素があったのが、何らかの要因で高校自体に一度止まってしまった、止まってしまっているように見えたということなのかなと考えられます。

身長が伸びた理由と思われるもの

身長が実際に伸びた理由と思われるものとして
・乳製品を食べた
・食生活を気をつけた、栄養バランスをよくした
・亜鉛サプリをとった
・ストレッチをした
・睡眠時間を増やした
・ランニングと筋トレをした

 

このような内容が報告されていました。
これらは特別な内容というよりは身長を伸ばすための王道というようなものでしょうか。

 

もともと高校生のときにそこまで健康的な生活を送っておらず、身長を伸ばしきれなかったものが、大学に入って環境が変わることで健康的になり、体に刺激を与えて、再び動き出したのかもしれません。

亜鉛サプリの身長アップ効果について

身長を伸ばしたという人の話を見ると亜鉛サプリを飲んだという声をよく聞きます。

 

今回、亜鉛サプリを飲んだという話以外にも亜鉛サプリを飲んでいたという人のことを聞いたことがあります。

 

亜鉛サプリを飲めば身長が伸びるのか?ということですが、実はここに完全な科学的根拠はありません。なぜ敢えて亜鉛を選んでいるのか、よくわかりません。

 

一応効果としては新陳代謝がよくなるということとカルシウムの吸収率が上がるということはあります。

 

亜鉛は身長を伸ばすのに効果がない、ではなくて、亜鉛は身長を伸ばすのに必要な成分の一つ、というこのが正しい答えなんです。

 

身長を伸ばすサプリメントを見ても多くのサプリメントに亜鉛成分は含まれています。決してメイン成分というわけではないのですが、縁の下の力持ち的な役割が期待できるということでしょうか。

 

カルシウムも同様に必要だが直接的に身長を伸ばすわけではない

この身長を伸ばした方も、カルシウムが直接的に身長を伸ばすとは考えておらず骨を強くするということで間接的効果を期待して乳製品を摂ったとありました。

 

カルシウムはどうしても身長を伸ばすというように誤解されがちです。
小さいときから一生懸命牛乳を飲んだのに身長が伸びなかったというような報告も多く出ています。

 

カルシウムも亜鉛と同じように身長を伸ばすのに必要な栄養素の一つであり、必要なものではありますが、それだけではダメというものになります。

 

まず牛乳だけだと吸収率という面で微妙でそのためにマグネシウムや亜鉛も一緒に摂るという必要も出てきます。そしてあくまで骨を強くするのであって伸ばすというのはまた別であるということ。

 

身長を伸ばすのには全体の栄養バランスを充実させるということと、とくに肉類などのたんぱく質を多く摂る方がいいでしょう。

 

欧米の人達が身長が高いのは人種というところもありますが、肉中心の食生活をしてきたというところも大きいと言えるでしょう。

 

日本人も食生活が欧米化して身長が伸びたということもありますし、カロリー面の心配もあるものの欧米的な食生活というのはヒントになりそうです。

ストレッチは年齢に関係なく効果が見込めます

この大学生で身長を伸ばした方がやっていたストレッチですが、ストレッチは年齢に関係なく効果が見込めるものになります。

 

まだ身長が伸びるような年齢であればストレッチをして体を柔らかくすることで正しく体を成長させることができるようになりますし、大人になっても曲がっている体を正しくすることによって元の身長に戻る=結果として身長が伸びることになります。

 

大人になっても、知らず知らずのうちに曲がっていた部分を直すことによって身長が伸びることはあります。

 

本当に骨が伸びているわけではないですが、猫背やO脚で身長が低くなってしまって結果損をしてしまっている状態を元に直すということです。

 

今回の178cm⇒180cmも実際に何が原因で伸びたかは判断できませんが、骨が伸びたのではなく、ストレッチで体がまっすぐになってその文伸びたということも考えられます。

 

O脚がまっすぐになるだけで2~3cmの身長が伸びるなんて話は実際よくあります。

猫背やO脚矯正については多くの動画が出ていますしチェックしてみるのもいいと思います。

身長が止まってきた高校生は何をすればいいか

身長が止まってきた高校生、また大学生になったばかりだけど身長を諦めたくないという人は何をすればいいのでしょうか。

 

この方の方法というのは大体正しいですし、基本的にはバランスの良い食生活をして、適度に運動して、よく眠るということに限ります。

 

身長を伸ばすのに特別な裏技というものはなくて、日々の積み重ねになってくるのです。

 

ただ、完全に止まっていても、まだ伸びている途中であったとしてもストレッチはどちらも効果があるのでやっていて損はないですね。

 

栄養バランスはなかなか自分自身で管理するのが難しいかもしれません。お金はかかりますが、身長を伸ばすサプリメントを利用してみるのもいいと思います。

 

⇒身長を伸ばすサプリメントのおすすめランキングは?本当に効果はあるの?

身長はなかなか自分でコントロールするのが難しいものになりますが、低いという人、伸ばしたいという人は出来る限りの行動をするようにしていきましょう。

 

・おすすめの身長サプリメント

プラステンアップの詳細はこちら

プラステンアップの口コミ記事はこちら