期間工は紹介会社経由と直接応募のどちらがお得なのか?


期間工の求人に応募しようとしたときに、よくよく見ると、期間工の仕事をまとめた紹介会社(派遣会社)と企業の直接応募があったりします。

求人の応募としてはどちらの応募も可能となるわけです。
どちらの方法で期間工に応募した方がいいのか、考えてみたいと思います。

一般的に考えると直接応募の方がいいように見える?

一般的に考えて、紹介会社経由で働くということと、その企業に直接応募して契約社員等として働くということを考えると直接応募の方が待遇が良いパターンが多いのかなと思われます。

紹介会社経由で働くということは、少なくとも紹介会社の取り分があるということで、会社側の支払い金額は多くなります。

単純に考えれば直接応募の方が会社側も支払い金額が少なくて済むし、働く側もその分多くの給料をもらえるかも?と期待することができるわけです。

ただ、それでは、紹介会社の存在意義はなくなることになってしまいますし、実際には意味があるからこそ紹介会社は存在しているというものになります。

会社は採用コストをなるべく減らしていきたい

紹介会社とも派遣会社でもそうですが、こうした会社を使うのは、なるべく会社側として採用コストを減らしていきたいという思いがあるからです。

自社のみで募集をすることはできますが、なかなか人を集めるのに大変で意外と苦労するということはあります。大手正社員ならまだわかりますが期間工という仕事で待遇はいいけど、厳しい仕事であることは皆さんが既にわかっていること。

いつでも人気殺到なのかというと必ずしもそうはいえないところもあります。また応募側も期間工であれば、複数のメーカーを選べるわけで複数社の競争となってしまうわけです。

正社員を採用するわけでもないのに、採用コストを大きくかけて期間工を集めるよりは各メーカーを一括して管理しているような紹介会社に委託した方が結果として採用コストは下がるということは普通に考えられる話なのです。

応募者側も各メーカーごとのバラバラの選考会に一つずつ応募するかどうかを決めていくよりも、すべてのメーカーに通じている紹介会社を頼る方がメリットが大きかったりするものです。

紹介会社には祝い金が出るものが多い


よく期間工で応募すると入社祝い金が〇万円も支給されるというものがあります。これは紹介会社を利用するものになります。

直接応募の方を見ても、こうした制度は掲載されていなかったりします。満了金は直接応募でも出るので、それなりにはもらえるのですが、入社祝い金であったり、各種条件を見てみると紹介会社の方が良かったりします。

紹介会社側もなんとしても応募者を自社経由で期間工の募集会社に送りたいということでインセンティブがはたらいていることになります。もちろん紹介会社が無理をしているのではなく、期間工の会社側としても、そこまでしても紹介会社経由で人数を送ってほしいと依頼をしていることになります。

紹介会社を利用した方が企業側としても人数を確保しやすいのかもしれません。

紹介会社を利用した方が希望が通りやすい

期間工の応募者側としても紹介会社を通した方が希望が通りやすいというところがあります。

こんな場所で働きたいとか、こういう寮がいいとか、こんな条件は嫌だとか、いろいろな人によって希望・要望というのはあるかと思います。

他にも聞きたいところはあっても、直接期間工の募集会社には聞きにくいということもあるでしょう。こんなことを聞いたら面接で落とされてしまうかもしれないというところも出てきます。

こうしたことも紹介会社経由であれば回避できますよね。事前に相談した上で適切なところを紹介されるわけですし、紹介会社側でもこれまでに多くの会社に紹介を行っていますので、そういった期間工の会社の独自の事情等については詳しくなってきています。

直接応募して合格してそこで働いても必ずしもその職場が一番良い職場だったかということはわかりません。紹介会社を通した方が、より良い職場にたどり着ける可能性が高くなることが考えられます。

次の会社が見つかりやすくなる可能性あり

紹介会社を経由することで次の会社、職場が見つかりやすくなる可能性もあります。期間工で働き終わった後で、次に全く無関係の一般の会社で働いたり、別のことを始めるのであれば気にすることはないかもしれませんが、まだ目標とする貯金ができていなかったり、次にやることが決まっていない場合等、また期間工をやるときいうこともあるかもしれません。

そんなときに紹介会社経由で期間工を行っていれば、一度実績がある人として次の職場もスムーズに紹介される可能性が高くなります。

紹介会社でも派遣会社でもそうなのですが、やはり紹介した人間が何か失敗をしたりするというのはマイナスになるものです。すぐに逃げ出した等があれば、当然採用側としてもある程度のリスクは織り込み済みにはなりますが、それでもあの紹介会社経由の人は良くない人材が多いとなると微妙なことになってしまいます。

一度実績がある人であれば次の職場にもこの人はうちで過去も良い結果となっていますということで、次につなげやすくなるというメリットもあるのです。

どこの紹介会社を利用するべきか

期間工で働く場合は紹介会社を利用した方がお得ということがわかったかと思います。

では、具体的にどこの会社を利用すべきかということですが、基本的には大手の会社を利用した方がいいでしょう。小さい方が小回りが利く等のことを言われるかもしれませんが、期間工という職種で考えた場合、大量採用のノウハウを持った大手の方が安心できます。

また大手であればそれだけ多くの期間工募集の会社と繋がりがあることになりますし、いろいろと融通も利く可能性も大きくなります。

一押しとしては圧倒的にここ、アウトソーシング社の期間工.jpがいいです。業界No1、2017年度の実績で見て、3784名の内定を得ているというものがあります。

いろいろな会社が出てくるかもしれませんが、まずこのホームページからチェックしてみるのがいいかもしれません。

→期間工.jp 期間工求人の一覧はこちら

P.S.期間工のメリット・デメリットについて知りたい方は以下の記事も見てみてください。

期間工はおすすめできる仕事なの?メリット・デメリットを考えてみる