iPhoneが高すぎてがっかり!?困惑するiPhoneユーザーの反応

先日のiPhone新作の発表でiPhoneの新型が高すぎて日本人には買えないのでは?なんて記事を書いていましたが、iPhoneが高すぎてがっかり!?なんて記事もヤフーニュースで出るようになってきました。

確かによほどの富裕層でもない限り、ある程度のコスパを考える人達はそう感じているだろうなあというところ。

ここでは反応と意見を見ていきたいと思います。

高いならアンドロイドに移ればいいじゃない?

そんなにiPhoneが高いのであれば、もうアンドロイドに移ればいいんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。

でも、そんなことはいっても、iPhone同士であれば簡単にデータ移行ができて、その日からすぐに新しい端末で使うことができますが、iPhone→アンドロイドだとかなり大変ですよね。

アプリも違いますし、写真の移行もどうするかという問題もありますし、音楽も使う人は困ってしまいます。キャリアメール等は写しようもありません。

既にアプリ関係がiPhone専用のもので動いていて、それで生活が成り立っているものを簡単にアンドロイドに変えられるかというところが出てきてしまいます。

まだ黎明期でそんなにコンテンツもなかった時代であれば違ったかもしれませんが、今OSを変更するって結構な手間になりますし、そこまでして帰る必要があるの?と思いませんか?

高いから最新機種を購入するのは躊躇するかもしれませんが、旧機種を購入するという方法もあります。それでも高いというのが難点にはなってきます。

iPhoneの戦略なのか、なかなか他社移行しにくいようにもてきているなということを感じます。

学生が買えなくなる問題

ネット上でもコメントがありましたし、私自身も感じているのですが、学生が買えなくなる問題はあるのかなと思っています。

学生時代に使ったキャリアを社会人になってからもずっと使い続けたり、そのときに使ったOS、スマホを今後もずっと使い続けるというのはよくあることですよね。

私もキャリア、電話番号も学生時代のときから同じものを使っています。その時代はスマホ自体がなかったので、スマホに関しては何ともいうことはできませんが・・。

ただ、iPhone世代で育ってきた人が急にアンドロイドにすることは少ない、と考えると今回からiPhoneが高すぎてアンドロイド勢が増えると、今後iPhoneに転換する人も少なくなってくるのでは?ということも言えるのかもしれません。

iPhoneは割高でも良い状態になってきているという説

「昔のMacと同じような環境になっていて使いやすさやデザインの関係でうwindowsの方が安いとわかっていてもMacを使い続けた。iPhoneも同じような感じになっていく。」

「新しいもの好きな人が購入するような製品へとなっていく。またはiPhone好き、アップル好きな人達のマニアな製品へ。高いといいながら使い続けているのはそういう製品になってきているということ。」

「既に顧客層をマニアにシフトしているので、この高価格帯での販売が正解になっている」

こうした声も出てきています。
確かに世界ではiPhoneは利益率は抜群ですがシェアは低い。富裕層のための製品ということでブランドで勝負してきています。

日本でも誰もが持つ標準的なスマホという位置づけからお金持ちだけが購入できるブランド品へと変化してきているのでしょうか。

もし本当にブランド化ということが進むのであれば、離れる人も相当いるとは思いますが、ブランド好きな日本人は、ステータスの一つとしてiPhoneを使い続けるというのもあるのかもしれません。

iPhoneに関する不満の声

iPhoneの今の状態に関する不満の声というのも結構出てきています。

「ノートパソコンを購入するより高いのはおかしい。保険も2年間で切れるしあまりにも高すぎる。」

「昔はiPhoneであっても、実質0円ということで安く購入する方法があったが、もう既に規制が入り安く購入することができなくなった。不満な人はアンドロイドに乗り換えた方がいいかも。」

「iPhoneXでもちょっと薄暗くなると顔認証ができなくて不便、指紋認証の方が良かった。ホームボタンが無くなったのも不便になった。」

「値段がiPhoneの付加価値に対してたかすぎる。今回はお得感を出すくらいでないと割りに合わないのでは」

こうしたコメントが出てきました。
確かにこれもその通りというところがあるかなと思います。

とにかく高くて、一般の人が買いにくい状態が出来上がってしまったということ。そしてそこまで新機能が優れているわけではなく逆に不便なものも出てきてしまったというところもあります。

新iPhoneの発表という言葉を聞くと本当にわくわくしますよね。
次はどんな機能が出てくるのか、こちらの予想を上回るような凄い機能が出きて、生活が一気に変わるようなものが出てくるのではないか。

そんな期待に対して今回の発表は極めて無難で、特に目立ったものもなかったように思います。

iPhoneの今後

iPhoneの今後がどうなっていくのか?一般人はどのようにしていったらいいのか。今の段階ではこの答えはありません。

アンドロイドに移る決断をした人もいるかもしれませんし、iPhone本体のみ旧機種で手に入れて格安SIMを使うというような方法もあるかもしれません。

iPhoneは別に新規購入することは強制ではありませんし、2年ごとに買い替えなければいけないわけでもありません。

今後の動きというのをじっくりと見守っていって世の中の流れに合わせて動くというのでもいいのではないでしょうか。