第65回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門へ正式出品決定!

カテゴリ: 映画最新情報

2004年「イノセンス」で日本のアニメーション映画として初めて、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された押井守監督。第63回ヴェネチア国際映画祭では、「立喰師列伝」が、オリゾンティ部門に正式招待される等、世界的な評価は高まる中、「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」が、8月27日~9月6日に開催される、第65回ヴェネチア国際映画祭・コンペティション部門へ正式出品されることが、同映画祭事務局より発表された。日本のアニメーション映画が、ヴェネチア・カンヌ両映画祭のコンペティション部門に正式招待されるのは、史上初めて。......

 ヴェネチア国際映画祭は、カンヌ、ベルリン国際映画祭と並び、世界三大映画祭に数えられ、特に、1932年に始まったヴェネチア国際映画祭は、世界最古の歴史を持つ映画祭として知られ、世界の映画人が夢に見る、栄えある舞台。
コンペティション部門とは、特別賞とは異なり、最高賞である「金獅子賞」をめぐる、まさに本命部門。「スカイ・クロラ」の公開は、今週末8月2日(土)であり、本来本国で公開された映画がコンペティション部門に出品される事は希だが、来日し、「スカイ・クロラ」を観た映画祭スタッフがその内容を高く評価、急遽同部門に正式招待される事が決定しました。

「スカイ・クロラ」の主人公をつとめた草薙水素役の菊地凛子と、函南優一役の加瀬亮、押井監督の映画祭参加もほぼ決定。上映日にはレッド・カーペットを歩み、世界各国から集まるマスコミの取材を受けることとなります。国際的に評価の高い、押井・菊地・加瀬・三者の映画祭参加は、賞レースと共に、世界中の注目を集めることは必至。
第59回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門(「バベル」)で、レッドカーペットを歩いた菊地。押井は監督として、菊地は主演女優として、2大映画祭のレッドカーペットを歩く事となります。

世界中で高い評価を得てき、数々の映画祭にも出品されてきた押井監督。
「スカイ・クロラ」は、既にヨーロッパ、アジアでの配給が決定し、世界の主要映画祭からも出品のオファーが殺到しています!


■ 押井守監督のコメント

 映画祭のコンペティション部門にノミネートされるということは、作品が「映画」として認められたという事であり、カンヌに続いて、ヴェネチア国際映画祭に招待されたということは、望外の喜びです。
 特に僕は、ヴェネチアという街が大好きなので......。

 このニュースをきっかけに、今週末に公開される「スカイ・クロラ」が、国内外に大きく羽ばたいてゆくことを、スタッフ共々、切に願っています。

2008年7月29日(火)
押井 守


■草薙水素役・菊地凛子のコメント

 「バベル」でのカンヌに引き続き、ヴェネチア国際映画祭にも作品が出品されると聞き、驚くと共に、心から嬉しく思っています。監督と共に、レッドカーペットを歩く日がとても楽しみです。
 「スカイ・クロラ」が、世界中の人々のもとに届くことを、心から願っています。

 菊地凛子