公開初日舞台挨拶開催!

news_0802_1.jpg8月2日(土)、遂に公開初日を迎えた「スカイ・クロラ」。新宿ミラノ1には1000人を超えるお客さんが詰めかけ、映画の感動に包まれる中、押井守監督、菊地凛子さん、加瀬亮さん、作画監督の西尾鉄也さんによる舞台挨拶が行われました。......

■ 押井守監督
news_0802_5.jpg暑い中、ありがとうございます。やっと、悪夢のようなキャンペーンが終わり、家に帰れます(笑)。らしくない映画と、あちこちで言われているようですが、この映画は生まれ変わったつもりで作りました。この作品が成功しなかったら、今度こそ辞めます。なので、辞めさせたくなかったら、皆さん協力してください(笑)。
この作品は製作からキャンペーンまで力いっぱいやらせてもらいました。やっと終わって、手を離れたなという気持ちです。映画は語ることで成立します。誰と何を語るのかで、進化が問われると思います。この映画を見て、大切な誰かと語ってもらえると幸せです。今日はありがとうございます。

・ヴェネチア国際映画祭への正式出品について一言
(金狙いで行くか?という問いに対して):金といっても、こちらはライオンですからね。狙いにいくといっても、自分はやることはないですし、向こうの都合で決まることですから(笑)。カンヌの例もありますし、時の運に任せるしかないですね。でも、ヴェネチアは好きな場所なので行けるのは嬉しいです。今回は、加瀬君も凛子も一緒だし、前回は絵にならなかったけれど、今回は絵になりそうです。


■ 菊地凛子さん
news_0802_4.jpg初日というのは、この作品に関わった皆にとって、とても重要な1日です。1回目の上映から多くの人に来ていただきありがとうございます。押井監督の力が入った作品ということもあり、苦労したこともありましたが、多くの経験をさせていただきました。渋いラブ・ストーリーですが、感情に訴えかける部分があります。虚構のことでも、現実世界にあるようなことですし、色々なメッセージが込められていて、色々なことを考えさせられました。多くの人に見ていただきたいので、是非、周りの人たちに紹介して下さい。よろしくお願いします。

・ヴェネチア国際映画祭への正式出品について一言
監督も言っていましたが、どうせだったら金を獲れたらいいなと思います。ヴェネチアは旅行気分で行くつもりだったのですが、そう甘くもないのかなと思い始めました。


■ 加瀬亮さん
news_0802_3.jpg朝早くから多くの方に来ていただきありがとうございます。映画は楽しんでいただけましたでしょうか?
押井監督が育てた芽が一気に花開いたような、そんな素敵な作品に参加できたことを嬉しく思います。最初に台本を読んで、自分が生きていく上で、なかなか言葉にならない部分を掴んでいる、すごい作品だと思いました。押井監督は、すごいことを考える人だなと思ってましたが、自分の限界を超えて作った作品だと思います。押井監督を辞めさせないためにも多くの人に勧めていただいて、多くの人にこの作品を届けられたらと思います。

・ヴェネチア国際映画祭への正式出品について一言
とても嬉しいです。何年も前に1回行きましたが、コテンパンにやられました。今回はリベンジに行きたいと思います。


■ 西尾鉄也さん
news_0802_2.jpgこの映画の作業は今年の春に終わっていましたので、今日、公開されるこの日を首を長くして待っておりました。こうして公開の日を迎えて、感無量です。
最近は押井監督がTVに出ているのをニヤニヤしながら見ていました。その楽しみが無くなるのは残念ですが、映画が大ヒットすれば、またニヤニヤできる日が来るのではないかと思っています。
2年間の間の多くのスタッフの汗と涙の結晶が作品となり映画が完成しました。面白かった人は2度、3度と見ていただき、面白くなかった人は面白くなるまで何回も見てください。夏休みは『スカイ・クロラ』漬けでお願いします。