第65回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門出品 映画祭公式記者会見開催!

カテゴリ: 映画最新情報

news_0903_4.jpg第65回ヴェネチア国際映画祭・コンペティション部門へ正式出品されている「スカイ・クロラ」。
現地時間9月3日(水)22時からの公式上映を前に、12時30分から映画祭公式記者会見が開催され、押井守監督、菊地凛子さん、加瀬亮さんの3人が出席。各国マスコミが集まる大盛況下で開催されました。

news_0903_5.jpg★現地での押井守監督、菊地凛子さん、加瀬亮さんのコメント

■押井守監督
昨日行われたマスコミ関係者用の試写会があり、上映後"ブラボー!ブラボー"の歓声を聞いて大変嬉しかった。受験の後の合格発表を見る前のような感じで、その時以来の緊張感をもっています。久しくテストは受けていないが、今テストを受けたような緊張をしています。
ただ、オリッピックなら頑張る・・と言えるが、ここに来たら、頑張るとは言いようがない。
「出品の3本の日本映画について?」
北野さんは老人の映画。宮崎さんは子供。自分も子供。規せずして大人の出てこない映画。時代がなにかそうさせているのか。時代を呼吸している何かがあると思います。

■菊地凛子さん
「バベル」のカンヌ映画祭は緊張して何も覚えていないですが、今回はリラックスできているので映画祭を楽しみたいです。
スケールの大きな、力強い作品なので公式上映の反応が楽しみです。

■加瀬 亮さん
声優としての映画祭参加は何か違和感を感じています。
ヴェネチアは(「アンテナ」以来)2回目の参加ですが、大変光栄に思っています。
本日の公式上映を楽しみにしています。