自動車工場の契約社員として働きたい!という人へのご案内

自動車工場の契約社員として働きたいと考えている方、結構お金が貯まる職場として自動車工場のいわゆる「期間工」と呼ばれる期間従業員、期間契約社員が人気となっています。

工場勤務の仕事は自動車だけでなく、あらゆる産業にありますが、自動車の場合、通年で大規模で募集していてお金を稼ぎやすいということで話題になりやすいようですね。

ここでは自動車工場で契約社員(期間工)として働きたいという人に対しての内容を書いていきたいと思います。

他の工場とは根本的に給与体系が異なる

一般の工場での勤務となると、その管理者となる正社員以外はアルバイトであることが多いかと思います。アルバイトであれば当然賃金はかなり低く、最低賃金レベルの仕事も多いです。

他にもパートとしての採用・契約社員として実質正社員のような募集を行っている工場もありますが、個別のものであって工場全体で一般的にこうなっているというものはありません。

期間工と呼ばれる自動車業界の製造の仕事の場合、業界全体がもう似たような仕組みで成り立っています。

期間工として、とりまとめの会社に応募して、そこから個別の採用へと進んでいくような仕組みが成り立っているのです。一般の会社の転職エージェントを使っての転職のようなイメージでしょうか。

期間工のメリットとしては、入社祝い金があったり、満了金があったりと、通常の業務の報酬の他にもボーナスのように入るということがあります。

さらに寮生活が基本となり、生活費がかなり削減できるというような特徴もあります。

短期間でお金を貯めるには良い環境になるのかなと思います。

最大で働ける期間は2年11ヶ月まで

期間工として自動車工場で働く場合、その期間は2年11ヶ月までになります。3年以上勤務することはできず、一旦退職し6ヶ月間をあけなければいけません。

ずっと同じ工場で働き続けられれば楽と思うかもしれませんが、これはもう法律上の話になりますので仕方がありません。3年以上となると正社員として雇用する必要性が出てくるため、期間工としての立場ではここで終了となってしまいます。

ですが、期間工であれば、他にも自動車工場はいくらでもありますので、その経験を活かしてまた次の場所に移るということも可能です。
直接同じ経験が活きるというわけでもないですが、やはり長年の経験をしたということは、相手側からも忍耐力があったり適性があるということで良く見られる可能性が高くなると考えられます。

期間工はつらいというようなイメージがあるけど大丈夫なの?

よく期間工はつらいというようなイメージがあるという話が出てきます。
なんとなく工場労働者でかつ自動車となると厳しそうな雰囲気はありますよね。

実際に初めてみると全然そんなことはなくて楽な仕事でした・・・なんてことはさすがにありません。やはり工場の仕事ということで体を動かす仕事になりますし、自動車だとパーツそのものが大きいので、持ち運びが出ると重い等体力を使うというものも出てきます。

1日中ラインで仕事をするので疲れも当然出てきます。
でも、大体の人がそういう肉体的なつらさは最初の2ヶ月くらいというような話をしています。

体は結構慣れてしまうものなんです。最初はその仕事で使う力も筋肉も慣れていないので疲れることになりますが、だんだんと力がついてくると同じものはなんとも感じなくなってくるものです。筋トレ等と一緒ですかね。
仕事の体力的なものは一定なので慣れてしまえば全然たいしたことがなくなってしまいます。

別に体力自慢でもなんでもない普通の人が仕事に応募してきて、それで仕事が成り立っているのですから、過剰に心配する必要はありません。

ずっと期間工の仕事で働いていけるのか?

期間工の仕事は2年11ヶ月までですが、他の自動車工場に移ったりすることで期間工自体は続けられるということを書きました。

では、期間工の仕事でずっと働いていけるのか?というところですが、さすがに期間が決まった仕事ということでもあり、最後までこの仕事1本で行けるのかというのは難しいと考えます。

年齢はだんだんと上がっていくことになりますし、若いうちはいいとしても40代、50代と採用率は下がってくると考えられます。もっとも若い内に期間工で働いていた経験があるのであれば、経験者採用ということで結構な年齢まで行けるとは思います。

とはいえ50代未経験でも採用されたという話もありますし、上手くいけば一生分クリアということもできるかもしれません。給料はアルバイト等に比べるといいですし年収350~400万以上は確保できます。定年近くまでこの期間工の仕事で生き抜いて、後は年金で暮らしていくという方法。

ちょっと50代最後から年金受給までの期間が不安になりますができないことはないかもしれません。

でも、このような働き方はあまりおすすめしたくありません。
期間工はあくまでお金がなくて困っている人が短期間、一定期間でお金を貯めるために使うのがいいのかなと考えています。

なかなか新卒の時期でもないと、学歴・職歴にほぼ関係なく働ける場所の選択肢というのは狭まってきます。面接に落ちまくってどうしようもなくなってしまう人の救済策ともなり得るのが期間工の仕事です。

せっかくのお金を貯める機会が得られたわけですので一生懸命働きながら次の就職の機会を考えるというのが良いやり方ではないでしょうか。工場での正社員を狙うというのも一つの方法かもしれません。

いずれにせよ期間工というのはその期間はいいですが、次が絶対にあるという仕事ではなく、将来のことはしっかりと考えていく必要があると言えるでしょう。

期間工で働くことについて

ここでは自動車工場での契約社員=期間工として働くことについて書きました。具体的な期間工の探し方としては以下のサイトを見てみるのがいいと思います。

この工場が良い等詳しい情報がわからない、絶対にこのメーカーが良い等とわかる人は少ないと思います。このサイトのような期間工の仕事に総合的に応募できるようなところを使って先方と相談しつつ決めていくというのが良いやり方だと考えます。

→期間工.jp 期間工求人の一覧はこちら

 

 

<関連記事>
トヨタの期間工は正社員になれる!?なりやすいの?
期間工はおすすめできる仕事なの?メリット・デメリットを考えてみる